KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの売上計上における課題

取引量が多いため売上計上業務に時間がかかり決算ギリギリになる。

毎年必ず行わなければいけない年次決算。この年次決算に関する書類は期末の翌月から2ヶ月以内に作成し、提出することが義務付けられています。

ただでさえ決算時期は経理部門にとって忙しい時期ですが、従量課金や、初月日割りのサービスを提供している場合これに拍車がかかります。

従量課金型の場合、利用料は締日が到来しないと分からないため月末を締日としている場合請求は早くとも翌月初めとなってしまいます。

また初月日割りで請求する場合はそこも計算する必要があるため、作業量が多くなり手間がかかっています。 請求書発行システムや会計システムをご利用の場合でもデータ連携できていないと、目視でそれぞれへ入力する必要があり時間がかかります。

取引量が多いため売上計上業務に時間がかかり決算ギリギリになる

KIMERAがサブスクリプションの売上計上における課題を解決

請求データから月次売上の数字を リアルタイムで取得して決算書を素早くまとめる

KIMERAでは請求データと連携して売上データが即時作成されるため、各数字をリアルタイムに確認できます。

「継続課金(サブスクリプション)の売上」や「初期費用などの単発の売上」も、それぞれ月次で取得できるため、管理会計で必要な月次売上(MRR)の数字を即時算出できます。

また、従量課金データの場合でも、請求書の請求データを一括で更新することができるため、料金確定から請求書発行までもスピーディーに行うことができます。手作業の業務を減らし、適切なシステムを利用することで、それぞれの業務も効率化され、決算書を素早くまとめることが可能です。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード