KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの売上計上における課題

実現主義の収益認識から新収益認識基準に売上計上を変更したい。

業績を正しく把握するためには、売上を適切に計上する必要があります。

日本では従来の収益認識基準として実現主義にのっとっており、明確なルールは規定されていませんでした。
しかし実現主義は定義が曖昧なため、現在の多様なビジネス形式に当てはめると、会計処理に幅が出てしまうという問題点があります。

そこで、2018年3月30日に企業会計基準委員会により、新しい収益認識基準がルール化されました。

この新しい収益認識基準は国際的な会計基準のIFRSの第15号とほぼ同じ内容となっています。そのため、世界のルールと同水準で日本のルールが決まった形になります。

この新しい収益認識基準は、2021年4月1日以後に適用されます。現在のところ適用が義務付けられているのは大手企業のみで、大多数の企業では強制的な適用は行われません。
しかし取引先としての繋がりや、様々な理由から、現在実現主義で売上計上を行っている企業も、新しい収益認識基準に変更したいという要望が上がっています。

そのためには、契約内容の把握、役務の提供状況の把握、入金状況の把握が必要となってきます。これらをエクセルで管理し売上計上の処理をするのには限界があります。

新しい収益認識基準

KIMERAがサブスクリプションの売上計上における課題を解決

新収益認識基準による月々の売上計上を自動化

KIMERAでは、請求書の作成時に売上計上設定を行うことができます。収益認識に関する会計基準に従った売上の分割計上にも対応しているため、請求書発行時、流れに沿った売上の設定を行っていただくことで、売上に計上後は前受金、売掛金へと自動で設定されます。

難しい設定は必要ないためどなたでも簡単に管理していただくことが可能です。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード