KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの請求における課題

営業担当者の共業で、請求状況が共有できず不安。

サブスクリプション/SaaS事業では、利用料金を受け取るタイミングとして、役務提供前の前払いと、役務提供後の後払いの2パターンがあります。
前払いでは、発注をもらったタイミングで請求書を発行するので、請求状況を記録していなくても請求漏れのリスクはあまり発生しません。
しかし、後払いでは、初期環境構築後など、発注時に作業完了の日時が確定しない役務も多く発生します。
この場合、請求状況を記録しておかなくては、請求漏れが発生するリスクがありますので、確実に記録しておく必要があります。

サブスクリプション/SaaS事業では、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスを役割分担して共業するモデルがあるため、顧客ごとに複数人が請求業務に関わることも多くなります。
ですが、複数人が請求業務に関わることが多くなると、他の担当者を当てにしたり、逆に自分が把握しておけばいいだろうと思ったりして、請求状況の共有も疎かになりがちです。
そのため、請求書を、いつ誰が作成して、いつ送るかを把握できないと請求ミスに繋がりやすくなります。

KIMERAがサブスクリプションの請求における課題を解決

請求書への状況メモ記載で請求ミスをゼロに

KIMERAでは、請求書の状況をステータスでひと目で把握できます。また請求書ごとにメモを設定しておけますので、複数人で管理していても、誰でもすぐに状況を把握することができます。
請求書を送付していない場合は、送付待ちステータスとなりダッシュボードに表示されますので、そもそも請求自体をしないリスクを防ぐことができます。

たとえば、発注をもらった際には、下書きの請求書を作り、いつ送付予定かなどのメモを追加しておくなどのルールを作成しておくと、誰が請求書を送ることになってもすぐに対応可能になります。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード