KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの入金消込における課題

エクセルで入金消込をしていて、時間や手間がかかる。

サブスクリプション/SaaS事業の立ち上げ当初など、入金消込の数が少ない時期は、エクセル(Excel)で入金を管理することが多くなりがちです。
しかしエクエルで入金消込を管理していると、銀行の入金明細一つ一つと照らし合わせながら、売掛金を手動で消し込んでいくことになります。
このとき振込名義リストから実際に振込をしてもらった会社名を探し出して、振込金額と請求金額を目視で比較する作業が発生します。
サブスクリプション/SaaS事業では、毎月顧客が増えていきますが、入金消込は毎月必ず発生する作業のため、顧客が増えるごとに確認する数もとても多くなり、消込にかかる時間が増えていくことになります。

また、何らかの理由で請求金額と異なる入金があったときには、エクセルで売掛金を複数行に分けて調整する手間が発生し、管理が煩雑になりがちです。
顧客からの振込名義が異なる場合も発生しやすく、同一顧客で複数の振込名義をエクセル上で管理するのは骨が折れる作業です。

KIMERAがサブスクリプションの入金消込における課題を解決

脱エクセル(Excel)で入金消込にかかる時間を短縮

KIMERAでは、過去に消し込んだ振込名義と顧客のデータを自動で紐づけているため、最短1分で自動的に消込が完了します。過去に同じ振込名義と金額があれば、自動消込の仕組みでスムーズに消し込むことができます。
金額の異なる入金にも、手動消込機能で簡単に対応できます。
消し込む際にメモを追加することもできるため、一人に頼ることなく複数人で作業を行うことができます。
また、同一顧客に複数の振込名義を登録することができるため、異なる振込名義での振込にも自動消込で対応が可能です。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード