KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求自動化ツールです。

サブスクリプションの入金消込における課題

サブスクリプション事業では、同じ顧客からの定期的な入金消込を繰り返すため面倒。

毎月定額型のサブスクリプション/SaaS事業では、同じ金額の請求書を毎月送るため、同じ金額の消込を毎月繰り返すことになります。
請求書の枚数が増えると、入金消込の数も増えるため、入金消込にかかる時間も大幅に増えてしまいます。

また、顧客の請求金額・入金額が同じになることも多いため、振込名義をひとつずつ確認しながら消込していくことにより時間がかかります。

従量課金型のサブスクリプション/SaaS事業では、同じ顧客でも毎月の請求金額が異なるため、入金額から顧客を推測して消込しやすくなります。
ところが、請求書の数が増えると、同じ請求金額の顧客も増えていくために、入金額から顧客を推測するのが難しくなります。

また、振込手数料が除かれて振り込まれたり、請求金額と異なる金額が振り込まれたりしますと、入金額からの顧客推測がとたんに難しくなります。
そうすると、ひとつずつ確認する時間が増えますので、人力での入金消込では時間が足らなくなります。

KIMERAがサブスクリプションの入金消込における課題を解決

定期的な売上を自動消込

KIMERAでは、銀行から取得したCSVデータで入金明細を一括でインポートできます。入金明細を自動消込しますので、請求書数が増えることで入金消込対象の数が増えても、早ければ数分で消込業務が完了します。もちろん過去にインポートした入金明細は重複して登録されることもありません。

振込手数料が除かれて請求金額よりも少ない入金になっていたり、逆に請求金額よりも多く入金されたりした場合などは、自動消込しないようにしています。自動消込できなかった入金は、ひとつひとつ状況を確認しながら、手動で消込できます。

サブスクリプションの入金消込に関するその他の課題解決を見る

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、データ量の増加による自作スクリプトのフリーズ、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード