KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの入金消込における課題

支払期日を過ぎた売掛金の存在に気付くのが遅すぎる。

売掛金の支払期日が過ぎていることは非常に大きな問題です。しかし入金消込を目視に頼っている多くの企業は未だに、担当者に依存した形でしか気付くことができない業務フローとなっています。

例えば担当者が元からおおよその残高を把握しており、残高確認を行った際に予定の金額と異なることで未払いの売掛金の存在に気付くなどです。

本来であれば、支払期日を過ぎてしまった場合はすぐに気付くことが理想です。

支払期日を過ぎた売掛金の存在に気付くのが遅すぎる

KIMERAがサブスクリプションの入金消込における課題を解決

請求と入金消込をシステム連携して、 支払期日の過ぎた売掛金を即座に把握

KIMERAでは、請求書のデータから売上が作成されます。それらに対して入金消込を行うことができるため、支払期日のデータもシステム内で一元管理されています。

支払期日を過ぎている売掛金がある場合は、ホーム画面にリアルタイムでアラートとして表示されます。そのため、担当者に依存することなく未入金の売掛金の存在を把握できます。

また、支払期日を過ぎている場合には、お支払を促す督促メールをお送りすることが多いことでしょう。このメールも、請求データや顧客データと紐付いていることで、すぐに連絡先を把握できます。督促メール送付機能は、今後提供を予定しています。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード