KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求自動化ツールです。

サブスクリプションの売上計上における課題

継続課金の月次売上(MRR)を手作業で集計していて時間を費やしてしまう

月次売上は、その月の継続課金と都度課金の売上に分解できます。

サブスクリプション/SaaS事業では、その月の継続課金の売上をMRR(Monthly Recurring Revenue:月間経常収益または月間定額収益)として見える化し、事業の成長度合いを確認するために利用します。

当月のMRRは前月のMRRに対して、新規契約(New MRR)や解約(Churned MRR)、アップセル、クロスセル(Expansion MRR)の金額を、加算減算して算出します。

MRRの月次売上の数字を毎月エクセルなどで手作業で集計していくと、契約が増えることで行数が増えてシートが重くなったり、集計に時間がかかってしまいます。MRRの集計が遅れると、事業の現状把握が遅くなるため、経営的なリスクが増大するという課題があります。

KIMERAがサブスクリプションの売上計上における課題を解決

継続課金の売上(MRR)を自動集計

KIMERAでは、請求書の作成時に、請求品目ごとに継続課金または都度課金を指定し、計上月や分割計上の期間を設定します。
これにより、2ヶ月以上に渡って役務を提供する売上は自動的に売上を分割して計上し、「継続課金の売上(MRR)」と「初期費用などの都度課金の売上」をリアルタイムに表示します。
MRRの変化をいち早く捉えることで、収益予測が立てられますし、実績に応じた適切な対策を打ちやすくなります。

請求データと連携して、リアルタイムにMRRを把握することで、自社ビジネスのフェーズにあったKPIを設定し、実行していくことができます。

活用例

継続課金の売上推移

 

期間を指定して継続課金の売上推移をリアルタイムに確認できます。
過去の継続課金の売上推移をもとに、今後の経営判断の指標としてお使いいただけます。
売掛金や前受金の推移も表示されますので、急激な金額の増減の予兆をより早く発見できます。

年額課金を自動で分割計上

 

エクセルで手作業することなく、年間一括の売上を自動的に12分割して自動集計します。
月ごとの役務の提供に合わせた前受金の仕訳が不要となりますので、年間一括した請求書が増えても毎月の前受金管理の手間は増えません。

売上の証憑への遡り

 

売上の証拠となる証憑(請求書や売上のデータ)にリンクを遡ることで深掘りできます。
社内での確認はもちろん監査法人や税務署の調査で証憑書類が必要になった際にも、すぐにデータを閲覧可能ですので、業務が効率化されます。

月次決算の早期化

 

MRRの自動集計により、前月のMRRの集計が最短月初1営業日で終わります。毎月行っている予実管理で、予算との差異を早く把握することができますので、当月や翌月以降の予算を修正および対策を立てやすくなります。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、データ量の増加による自作スクリプトのフリーズ、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード