KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求自動化ツールです。

サブスクリプションの管理会計における課題

管理会計に必要な月次売上の数字を纏めるまでに時間がかかる。

管理会計では、予実管理と原価管理の2つが基本的な業務になります。

予実管理では、直近の複数年の間の予算を決めた上で、実際の実績とを比較していきます。
予実の差異がある項目を確認し対策していくPDCAサイクルを回すことで、予算の目標達成を目指します。

原価管理では、製品の製造に必要となる原価を下げていくために、PDCAサイクルを回していきます。
予め決めた原価と実際に製造した製品の原価の差異を算出し、その差を縮めていきながら原価を下げることを目指します。

予実管理では、前月の実績を以下に早く纏められるかが課題になります。
しかしながら、サブスクリプション/SaaS事業では、事業が拡大していくにしたがって、売上データの数が膨大に増えていくため、実績を纏めるまでに手間と時間がかかってしまいます。

KIMERAがサブスクリプションの管理会計における課題を解決

管理会計の月次売上(MRR)を最短1日で算出

KIMERAでは、月次決算の早期化を目指して、収益認識に関する会計基準にしたがった売上の分割計上に対応しています。
そのため、管理会計で必要となる月次売上(MRR)の数字を最短1日で算出できます。
毎月のMRRの推移もリアルタイムに表示しますので、管理会計の予実管理を滞りなく進めることが可能です。

活用例

売掛金の推移でキャッシュフローを健全化

 

月次売上以外に、毎月の売掛金も自動で集計しますので、売掛金の急激な増加があるかを確認できます。早期に発見することで、未回収リスクを減らせます。

顧客数の推移からチャーンとLTVを自動算出(Coming soon)

 

LTV最大化に向けた施策の検討のため、月次の顧客数の推移からチャーンレートを計算し、LTVを算出します。LTVを把握することで、積極的な投資を打ち出せるようになります。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、データ量の増加による自作スクリプトのフリーズ、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード