KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求自動化ツールです。

サブスクリプションの請求における課題

フィールドセールス型のサブスクリプションでは、請求金額や契約期間が異なる請求が多く、定期的な請求書を作成する際に、請求金額変更や契約終了時期の確認に時間がかかる

フィールドセールス型のサブスクリプション/SaaS事業では、商品の価格表があっても、顧客の規模や要望に合わせて個別に見積もりをすることが多くなります。
請求金額や契約期間を調整した請求書が増えていきますので、請求書を作成する手間が大幅にかかります。

さらに、毎月、請求書を発行するたびに、請求金額や契約期間を発注時点の契約書と見比べ確認していては、時間と手間がかかりすぎるという課題があります。

KIMERAがサブスクリプションの請求における課題を解決

定期的に発行する請求書の自動チェック

KIMERAでは、定期的に発行する請求書を定期請求として登録しておくことができます。

顧客ごとの契約期間に沿ったスケジュールで請求書を自動で作成できますので、請求書を送付し忘れるなどのケアレスミスを防げます。

自動で作成された請求書の請求金額や請求品目を手動で変更した場合には、登録されている定期請求との差分をKIMERAが自動的に比較してアラートを表示します。そのため、変更内容に問題がないかをピンポイントに確認できます。

追加契約やプラン変更があった際には、定期請求の情報を更新するだけで、自動的に次回発行時の請求書に反映されます。毎月、契約書を確認する必要はありません。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、データ量の増加による自作スクリプトのフリーズ、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード