KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの請求における課題

「何月までの契約」というのを忘れがちで、過請求してしまう。

サブスクリプション/SaaS事業は、基本的には都度課金の売り切りモデルではないため、顧客は提供サービスを自動更新の継続契約で結ぶことになります。
自動更新の周期は、毎月、隔月、3ヶ月、6ヶ月、1年間、3年間のように、顧客ごとの契約で異なります。
そのため、顧客ごとに契約の周期を把握しておき、契約満了時の解約や途中解約の後に、過請求しないように注意を払う必要があります。

ところが、請求書の枚数が増えてくると、営業担当者は新規顧客への対応で忙殺されてしまい、契約の周期などの把握まで手が回らないことが増えてきます。
また、経理担当者や事業責任者、役員も、顧客ごとの契約の周期までは把握しきることがとても難しくなります。

KIMERAがサブスクリプションの請求における課題を解決

定期請求で過請求を防止

KIMERAでは、継続課金の請求書を定期請求として設定できます。

定期請求では、設定された周期で請求書が自動作成されますので、営業担当者や経理担当者が周期を覚えておく必要がなくなります。
契約満了時の解約や途中解約の連絡を顧客から受領した時点で、定期請求の契約終了日を設定することで、過請求を防げます。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード