KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求自動化ツールです。

サブスクリプションの売上計上における課題

計上月のズレや計上漏れの発見に時間を浪費してしまう。

サブスクリプション/SaaS事業では、定期的に売上を計上するため、一定期間毎に計上月が現れます。

計上月がズレたり、計上漏れがあると、MRRがズレたり、MRRが低くなりますので、事業の成長度合いを正しく測ることができません。
計上月を間違えてしまった場合、計上月や計上金額に間違いがないかを、売上ひとつずつ確認する必要があるため、時間と手間がかかります。
とくに、月次決算をしている場合は、毎月、計上月や計上金額を確認し修正する業務を繰り返すことになります。

KIMERAがサブスクリプションの売上計上における課題を解決

計上月のズレや計上漏れを短時間に発見

KIMERAでは、計上月のズレや計上漏れを発見しやすくするために、顧客の請求品目ごとに、計上月と計上金額を一覧で表示します。

たとえば、継続課金の場合、毎月が計上月になりますので、計上月が連続することになります。
ある月に計上されていないと、そこだけ計上月の連続が途切れた形で表示されますので、計上月のズレや計上漏れを短時間に見つけることができます。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、データ量の増加による自作スクリプトのフリーズ、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード