KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求自動化ツールです。

サブスクリプションの請求における課題

従量課金型のサブスクリプションでは、毎月の利用分の金額を算出して請求書を作り直すのに時間がかかる

従量課金型のサブスクリプション/SaaS事業では、「基本料金+従量課金」「基本料金(従量分を含む)+従量課金」「従量課金のみ」のような料金体系になるため、基本的に毎月の請求金額が異なります。

顧客ごとに請求金額を算出して請求する必要があるため、毎月、請求書を作り直すことになります。

顧客が増えて、請求書作成数も増えてくると、請求金額の転記間違いや請求漏れが起きやすくなります。

KIMERAがサブスクリプションの請求における課題を解決

毎月の従量課金を含む請求書の一括作成

KIMERAでは、従量課金の請求書でも、毎月ひとつひとつ作り直す必要はありません。
CSVファイルで一括して変更箇所をインポートできますので、請求書の数が増えても請求金額の転記間違いや請求漏れのミスを防ぎます。

CSVファイルの列設定を保存できるので、ノンプログラミングでインポート設定が完了します。

活用例

営業管理システムとの連携

 

営業管理システムやエクエルなどから従量課金データをCSVファイルとしてダウンロードし、そのCSVファイルをKIMERAにインポートすることで、データ連携が可能です。

請求書一括作成時の顧客情報の自動作成

 

CSVファイルで請求書を一括作成するときに、新規顧客の会社名や住所などの情報を自動でKIMERAに登録します。あらかじめ、新規顧客情報を登録する必要はありません。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、データ量の増加による自作スクリプトのフリーズ、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード