KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの請求における課題

エクセル(Excel)で請求書管理をしていると、発行ミスや時間が取られてしまう。

サブスクリプション/SaaS事業の立ち上げ当初など請求書の発行数が少ない時期は、とりあえずとエクセルで請求書を管理することも多くなりがちです。

ですがエクセルで請求書の管理をしている場合、請求日や支払期日の入力、請求書発行フラグのチェックなどほとんどの作業を手動で行わなければならないため、請求発行に時間がかかってしまったり、うっかりミスが起きてしまうことが多くなります。

とくにサブスクリプション/SaaS事業の場合、毎月既存顧客に請求書を送るため、エクセルで管理する請求書の行数がどんどん増えていきます。
エクセルの行数が増えすぎると、エクセルの集計関数の動作が重くなり、エクセル自体が固まることもしばしば起こります。

KIMERAがサブスクリプションの請求における課題を解決

脱エクセル(Excel)で請求書発行ミスを防止

KIMERAでは、定期的な請求書を自動作成する仕組み(定期請求)がありますので、毎月、既存顧客ごとの請求書の発行タイミングを気にしなくても、既存顧客の請求書が繰り返し自動的に作成されます。
そのためエクセルのように手動でコピーなどをする必要がなく、新規顧客の請求書と一緒に請求書を管理できます。

請求日や支払期日、請求書発行フラグも自動的に割り振られるため、エクセルで別途管理する必要がありません。下書き状態の請求書の数もアラートで表示されるため、請求書の発行漏れも防げます。
請求書が少ない時期から、KIMERAを利用することで、余計な労力をかけることや、発行ミスを防ぐことができます。

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード