KIMERA とは

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化する
サブスクリプション請求管理ツールです。

サブスクリプションの前受金における課題

前受金や売掛金(負債)の残高一覧作成に時間がかかる。

財務会計ソフトウェアで前受金の内訳を管理する場合、顧客名を補助科目にしていきますが、サブスクリプション/SaaS事業では顧客数が増えいくために、管理が複雑になります。

決算では、前受金や売掛金の残高を確認するために、前受金や売掛金の残高一覧を作成します。
社内で確認するためにも必要ですし、監査を受けている場合には監査法人から提出を求められます。

しかしながら、前受金と売掛金の一覧は、顧客ごとに金額をまとめ、顧客の住所も併記する必要があるため、顧客数が増えていくと作成に時間がかかります。

KIMERAがサブスクリプションの前受金における課題を解決

前受金と売掛金(負債)の残高一覧をリアルタイムに表示

KIMERAでは、請求書作成時点で計上月や分割計上を設定しておくことができるため、前受金や売掛金(負債)の残高一覧がリアルタイムに自動集計されます。
請求書に紐づく顧客名称や住所など、最新の顧客情報を保持しているため、改めて顧客情報を見直す必要はありません。

また、KIMERAでは、財務会計ソフトウェアを、会計情報を最後に集約する入れ物として捉えています。
そのため、その前処理の前受金の金額はKIMERAで行うことで、顧客数の増加に比例して、管理コストが増えないようにできます。

サブスクリプションの前受金に関するその他の課題解決を見る

導入事例

請求業務の手間をゼロに

クラウド導入支援

請求業務は必ず毎月発生するものですが、KIMERAを利用するまではこの業務に毎月必ず2・3日前後かかっていました。
請求書の量が増えていくに従い時間がかかることは目に見えており、実際にデータ量の増加によって、自作スクリプトのフリーズも起こっていました。また、属人化したフローも課題でした。
KIMERAを導入することで、これらの課題が解決でき、請求業務にかかる時間を80%削減できました。
経理処理でも、経理担当者との前受金管理や売上計上の確認のやり取りも減り、管理会計による意思決定のための時間をより多く創出できました。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード