定期請求から請求書を下書きステータスで発行できるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、定期請求機能において、請求書を自動発行する際に「下書き」のステータスで発行できる機能をリリースしました。

今回のリリースによって、請求書発行の際に金額、個数の修正や、確認のフローが必要な場合に、下書きステータスで請求書を発行することができるようになりました。
定期請求から、下書きで請求書を発行することで、誤った内容のまま送付してしまうミスを防止します。

こちらは定期請求の個別作成のほか、CSVインポートでの作成でもご利用いただけます。

ご利用方法

個別追加でのご利用方法

  1. 定期請求の新規作成画面を開きます。
  2. 「自動作成時の請求書ステータス」設定項目で「下書きとして発行する」を選択して保存します。
  3. 自動作成される際に、請求書のステータスが「下書き」で作成されます。

CSVインポート時のご利用方法

  1. インポートするCSVファイルに設定用の列を追加します。
  2. 項目名に適当な名前をつけます。例:
  3. 「送付待ち」で作成したい場合は「1」、「下書き」で作成したい場合は「2」を入力します。
  4. CSVインポート時のフィールドマッピングで「自動作成時の請求書ステータス」項目と(2)で作成した項目名を紐付けます。
  5. インポートします。
  6. 自動作成される際に、請求書のステータスが「下書き」で作成されます。

最新記事

継続課金の請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード