サブスクリプションの売上/MRRをリアルタイムに分析するには

サブスクリプションビジネスを行う上で、数字による現状の把握は必要不可欠です。

とくにサブスクリプションビジネスは一度結んだ契約が継続的に続いていくことから、先の見通しをしやすいため、いかに売上情報をスムーズに集計しMRR(月間経常収益)を把握できるかが今後の業績に深く関わってきます。

この記事では採用支援のSaaSを提供する企業へのインタビューで見えてきた売上計上の問題点と、どのように改善していけるかをお届けします。

会計処理を外部に委託しているためデータをうまく利用できていない

今回インタビューした企業は、継続課金型の採用支援SaaSサービスを提供しています。月額課金のサブスクリプションモデルで提供しているため、前受金処理を行うことはありません。

会計処理を外部の代行業者に依頼しているため、社内では管理していません。

月次試算表は確認できているものの、サブスクリプションビジネスに欠かせないMRRや売上予測、前年比、前月比などの管理会計の情報を管理できないことに物足りなさを感じています。

売上の内訳が無くMRRの増減が分からない

MRRや売上予測を算出して管理会計に活かすためには?

では、どうすれば簡単にMRRや売上予測、前年比、前月比などの管理会計機能を確認することが出来るでしょうか。

現在は外部の業者に依頼し、月次試算表を確認できています。また業務管理システムを利用して売掛金を確認できています。

さまざまなジャンルの商材を取り扱っているこちらの会社の場合、全体での売上予測の他に、ジャンルごとの商材の売上を算出する必要があります。

現在は継続売上(月間の経常収益)と単発売上(月間の非経常収益)の内訳がないため、それぞれの増減の判別ができていません。

より細かい視点で数字に注目していくことで、ブレの少なく精度の高い売上予測が立てられます。

そのためには、請求データとの連携が一番の近道です。

エクセルのマクロでサブスクリプションのMRRや売上予測を作成する

まず手軽にデータを算出する方法としてエクセルを利用することが考えられます。

マクロを組めなくてもエクセルの「予測シート」機能を使うことで売上予測を作成できます。

またひと手間かかりますがマクロを組むことで、ピンポイントでほしい数字を割り出すことも可能です。

サブスクリプションビジネスにおいて当月のMRRは、前月のMRRと当月分の新規契約数から解約数を引いて、アップセル・クロスセルの金額を加算するという単純な計算で割り出せます。そのため専用のシートを一度作成してしまえば比較的簡単に確認できます。

しかし売上が大きくなるにつれて当然更新する内容も多くなっていくため、会社のフェーズによってはエクセルではなく次のようなシステムを利用したほうが時間の節約になることも考えられます。

システム連携でサブスクリプションのMRRや売上予測を作成する

請求データと売上の数字を売上計上のシステムで連携することで、常に最新の売上予測を立てられます。

こちらの企業では現在業務管理システムで契約・請求を管理していますので、そのデータをエクスポート、またはAPI連携して管理システムに読み込ませることで、実際の数字を利用してさまざまなレポートをリアルタイムに作成できます。

また、売上を作成する前の請求書作成段階で継続課金・都度課金の分類を行っておくことで、自動的に集計していくことが可能です。スピーディーなデータ分析を行うことで、実績に即して制度の高いシミュレーションが行えます。

商材ごとにタグで分類して細かいサブスクリプションの売上を算出する

こちらの企業では様々なジャンルの商材を扱っています。

そのため、ジャンルごとにタグなどで分類できるシステムを利用すると、ジャンルごとにMRRや売上予測を確認できますので、より詳細な分析が可能になります。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード