入金一覧画面に消込済み金額と未消込金額が表示されるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、入金一覧において、一部入金時にも、消込済み金額と未消込金額が表示されるようになりました。

今回のリリースで、一部消込済みの入金明細に消込済み金額、未消込金額を表示したことにより、経理の方が入金明細を探す際などに、より探しやすくなりました。

一覧上部の「顧客で絞り込む」選択ボックスに顧客名を入れていただくことで、すでに口座と顧客が紐付いている入金明細のみを絞り込んで表示することができます。

また、入金明細のステータスボタンをクリックしていただくことで、入金明細詳細ポップアップが表示されますので、未消込の売上の消込、消込済みの売上の消込を取り消すことも可能です。

 


サブスクリプションの入金消込のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ツール「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード