手動消込時に選択した売上に応じて入金がサジェストされるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

KIMERAでは、自動消込で入金消込を自動化できますが、このたび、手動消込機能において、選択した売上の金額と近い順に入金項目がサジェスト表示されるようになりました。

手動消込時に選択した売上に応じて入金がサジェストされるようになりました。

今回のリリースによって、新規顧客等で、口座名が不明な入金消込を行う際にも、合致する入金を探しやすくなりました。
すでに顧客と口座を紐付けて登録している場合は紐付けされている入金が優先して表示されます。
売上を2件以上選択した場合は、合計金額と近い金額から順番に表示されます。
また、顧客と口座が紐付いていない場合は、手動消込時に顧客に口座が自動で登録されます。

次の場合に入金状況が請求書一覧に表示されます。

  1. 入金ページ上部の「手動消込」ボタンをクリックして手動消し込みページを開きます。
  2. 左ブロックの「売上(未入金)」から消し込みたい売上を選択します。
  3. 選択した売上に応じて、「右ブロックの入金(未消込)」の表示順序が変わります。
  4. 内容を確認し「消し込む」ボタンを押すことで消込されます。
  5. 顧客と口座名が紐付かれていない場合は同時に登録されます。
顧客と口座名が紐付かれていない場合は同時に登録されます。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード