掛売りとは?企業間取引の基本的な請求方法とされる理由と注意ポイントを解説

掛売りとは?企業間取引の基本的な請求方法とされる理由と注意ポイントを解説

こんにちは。「KIMERA」コンサルティングチームの花田です。

企業間取引の主な決済手段である「掛売り」。

この記事ではいまさら聞けない「そもそも掛売りとは何?」「売掛とは何が違う?」「メリットとデメリットは?」「請求するときの注意ポイントって何がある?」「デメリットの解決方法は?」などの疑問について解説します。

掛売りのキホンのキ!

経理の仕事をしていると、よく耳にする「掛売り」というキーワード。
みなさん、ちゃんと理解して使っていますか?
いまさら聞けない「そもそも掛売りって何?」「売掛とは何が違うの?」をおさらいしていきましょう。

そもそも掛売りとは?

「掛売り」とは「取引契約に基づく代金後払いの仕組み」のことです。商品の受け渡しの時に現金回収を行わず、あらかじめ決められた期間の取引の合計金額を、期日までに支払いを受ける決済手段です。

BtoB(企業間取引)だけではなく、BtoC(企業⇒消費者への取引)でも多く利用されています。なぜ、この掛売りの仕組みが必要なのでしょうか。

それはとても簡単です。企業の営業活動において、ひとつの取引ごとにすべて現金の授受をすることはとても非効率だからです。取引回数が多ければ多いほど、取引ごとの現金売りは非効率になっていきます。

わかりやすくひとつ例をイメージしてみましょう。次の①と②、あなたが働いた時の労力はどちらが少なくて済むでしょうか。

  1. あなたはとある食料品店で働いています。
    今日はお客さんが15人来店し、それぞれ単価3,000円のすいかを1個ずつ購入していきました。
    今日の売上は45,000円でした。
  2. 翌日、取引先のA社の社長が来て「今日はうちの会社のイベントをやるから、うちの社員がちょくちょく買い物にくる予定だ。夜にまた来るから、その分の支払いはその時に私がするよ。」と言いました。
    予定通りA社の社員が買い出しにたびたび訪れ、そのたびにすいかを1個ずつ持っていき、合計15個のすいかが売れました。
    その夜にA社の社長が来店し、すいかの代金合計45,000円を支払いました。

いかがでしょうか。②の方が確実に手間を減らせることがイメージできると思います。①と②、どちらも来店客数と客単価は同じです。①の場合は15回のレジ打ち作業に、15回の現金の授受が生じます。②の場合は都度のレジ打ちの代わりに納品書などを渡すだけで、その場ですることはもうありません。

最後に社長が来た際に納品書控えを確認してもらい、レジ打ちと現金の授受をそれぞれ1回ずつするだけで終了です。

現金の授受にはヒューマンエラーがつきものですし、取引数が増えればそれだけエラーのリスクや非効率が全体に占める割合も高くなっていきます。

営業活動において、同じ取引先との商取引が毎日発生することも珍しくありません。1日のうちだけでも何度も細かい取引をしているケースもあります。

その都度現金でのやりとりをしていたら、納品時の現金回収、領収書発行などによる時間も手間もかかります。

そこで取引の両者間で支払い条件などについての契約を結び、代金を後日まとめて受け取る、「掛売り」の仕組みが広く採用されているのです。

掛取引は効率的

売掛との違いは?

売掛と掛売りにはどちらも「後で支払う」という同じ意味があります。意味は同じですが、使い方に少し違いがあります。

売掛は勘定科目の「売掛金」と同意で使わる場合が多く、掛売りは「取引契約に基づいて代金を後払いすることの取引自体の名称」を指して使われます。

「掛売り」で行った取引の結果で生じた取引金額を「売掛」という、と言えます。

企業間の請求は掛売りが基本!

掛売りの基本をおさらいしたところで、今度はメリットとデメリットを確認していきましょう。

そのメリットは?

・取引業務の大幅な効率化が図れる

これこそが掛売りの代表的なメリットです。
先ほども食料品店の例で説明したように、現金売りではいち取引ごとに請求から代金回収の業務が生じます。取引件数が多ければ多いほど、都度の業務がいちいち発生してより煩雑になるのです。
掛売りの契約を結んでおけば、その都度の発生業務が少なくなり、ひとつひとつの取引をよりスムーズに行うことが出来るのです。

・ビジネスチャンスが拡大する

掛売りは代金後払いであるため、取引の段階で手元資金に余裕がなくても取引を行うことができます。

これは買い手側の企業だけではなく、売り手の企業にも大きなメリットがあります。
お互いに買い逃し・売り逃しを防ぐことができ、ビジネスチャンスが大幅に拡大するのです。
取引の段階での手元資金に縛られないため、高額の商取引をしやすいメリットもあります。

デメリットもあるの?

・予定通りに支払われないリスクがある

現金売りの場合は、「手元に現金がない」などの場合はその場で商品を受け渡さなければいいだけなので、商品を受け渡したのに代金が支払われないリスクとは縁がありません。

しかし、掛売りの場合は手元に現金があるかないかに関わらず取引を行うことができるため、期日通りに支払われないリスクをゼロにはできません。

最悪の場合は支払いが遅れるだけではなく、取引先が倒産してしまい代金が回収不能になるリスク(貸倒れ)すらあるのです。取引金額や自社のキャッシュフローの状況によっては、取引先からの支払い遅延や未入金が原因で、自社まで倒産してしまう最悪のシナリオも想定されます。

必要に応じて貸倒引当金の積み上げをしたり、自社のキャッシュフローに目を光らせたりする必要があります。

・与信管理が発生する

掛売りは、取引先との信用関係で成り立っている取引方法です。

取引を開始する際だけではなく、取引を始めてからも常にアンテナを張り、取引先の財務状況に目を配る必要があります。

与信管理によって、貸倒れなどのリスクを軽減することができるのです。与信管理の手段には、段階的にいろいろな方法があります。

日常的には、取引先の担当者との会話や先方のホームページや四季報で公開されている財務状況を確認するなどして、信用度を保っているかに気を配ります。

不安要素がある場合は、自社の取引先銀行や関係先などに可能な範囲で聞いてみるのも良いでしょう。

もちろん銀行ははっきり教えてくれるわけではありませんが、貸倒れの危険がある会社と大口の取引を続けているような状況があれば黙ってはいないはずです。

貸倒れが実際に起きてしまえば、自行への借入金返済の滞りや回収ができなくなるなどの危険もあるからです。

自社の中で審査基準を設け、基準に達する取引先については与信調査を外部に委託します。

・毎月の請求・入金処理業務が発生する

現金売りの場合は、その場で請求と現金の授受が行われるので、取引すべてがその時点で完結します。

しかし掛売りの場合は、あらかじめ取り決めた締め日後に①納品書の控えをもとに請求書を発行し②得意先に請求書を送り③得意先内で受取った納品書などの情報と請求書を突合④決められた支払日に請求金額の支払いがされる、という流れで取引が完結されます。

これはとても合理的な流れなのですが、取引の回数や取引内容が非常に多い場合ほど、正確性を担保する社内の仕組みが必要になっていきます。

その仕組みがちゃんとできていないと、過大請求や請求漏れなどのトラブルのもとになり、自社の損失や取引先からの信用を失う結果にも繋がってしまいます。

また、請求した後に入金が正確にされているかどうか、されなければ取引先に確認するなどの業務も発生します。

いずれにおいても、掛売りの請求業務には正確性を高める仕組みづくりがとても重要なのです。

掛売りの請求手順は?注意するポイントを解説

それでは掛売りの請求手順についてみていきましょう。

掛売りの仕組みを使う手段としては、主にクレジットカード決済と請求書決済の2種類があります。

クレジットカード決済については、クレジットカード会社との契約のもとに、請求書決済については、取引先毎に締め日や回収サイトなどを取り決めした契約のもとに取引を行います。

どちらもメリットはほぼ同じですが、請求書払いの方がより大口の取引に向いている決済手段です。ここでは請求書払いの請求手順と注意するポイントについて解説していきます。

掛売りの請求手順は?

まずは与信審査をしてから基準を満たしているか調査し、問題なければ取引の基本条件などを取り決めして契約を結びます。

その後の流れは次の通りです。(あくまでも流れの一例です。書式の名称や売上を計上するタイミングは会社の取り決めによって異なります)

  1. 納品時に発行した納品書などの納品情報をもとに売上を計上する。
    自社の納品書などをもとに、当日分の売上を計上していきます。売上計上のタイミングは出荷基準・納品(引渡)基準・検収基準などさまざまですが、会社の取引形態や実情によって異なります。
  2. 締め日の後に対象期間の売上を集計し請求書を発行する。
    締め日が15日であれば、前月の16日から当月の15日までの売上を集計し、請求書を作成します。
    繰越残高が記載されるような請求書であれば、請求書発行前に必ず入金済の金額を消し込む作業をします。
  3. 先方から入金がある都度、売掛金の消込をしていく。回収サイトを越えても入金がない場合は先方に確認、督促をする。
    入金がされるごとに売掛金の消込をしていきます。

注意するポイントは?

売上計上のタイミングは、会社によって異なります。

そのため、同じ取引についても売り手側と買い手側の認識が違うことがありますので注意が必要です。例えば、締め日が15日の場合、15日に出荷し16日に納品、18日に先方で検収処理がされたとします。

自社が出荷基準で売上をあげていた場合、15日の納品分は当月の請求に含めますが、先方の認識が納品基準であった場合は、翌月の請求分に含まれるものと認識されます。

さらに先方が検収基準であった場合は、話が複雑化します。検収とは、先方に商品が届いた後に相手先の社内で商品を確認(検査)して、クリアできれば検収完了となります。

検収処理は相手先の業務内で行われるため、売り手側はなかなか売上を確定することができないのです。

また、売掛金の残高にも注意が必要です。入金されるまでの間は売掛金の消込がなされないため、よほど取引が少なくない限りはゼロにはなりません。

同じ売掛金の残高の中に、前月請求済金額、当月請求金額、来月請求予定金額が入っていますので確認が必要です。

そして、入金の消込には細心の注意が必要です。同じ取引金額だったために誤って違う取引先の売掛金を消し込んでしまった、消込をしたつもりができていなかった、などのミスがあると自社の信用問題にまで発展する場合があります。

掛売りの課題解決のためにはシステム導入がおすすめ

ここまで解説してきたように、掛売りは企業の営業活動にとってなくてはならない取引方法です。日々の業務が大幅に効率化され、ビジネスチャンスが格段に広がります。掛売りを導入していない企業はないといっても過言ではないほど、この取引は当たり前に行われるようになりました。

しかし一方では、取引先毎に締め日や回収サイト、振込手数料などの支払い条件もさまざまで、取引先数が増えれば増えるほど請求業務が複雑化し、煩雑化していくデメリットもあります。

回収サイトが違えば未入金の判定も客先ごとに異なり、「このお客さんはいつの支払い期限だったっけ?」などと取引契約を引っ張り出してきて、突合する担当者も多いことでしょう。

まだ支払期限を迎えていないのに「お支払期限を過ぎても入金がないのですが、確認していただけますか?」と勘違いして先方に連絡してしまい、先方の機嫌を損ねてしまった経験は請求業務を担当する人のあるある話です。

過大請求や請求漏れも、先方との信頼関係に大きく影響をあたえかねせん。

このような課題を解決するためには、まずは社内の仕組みづくりが大切です。営業担当・納品担当など商品の受け渡し部署がしっかりと自社の経理に請求情報を伝えることが必須です。

「納品はしたが不良品だったので返品されていた」ことが経理に伝わっておらず、納品したものとして請求をあげてしまい、先方からの信頼を損ねたなどといったケースもよく見受けられます。

まずは社内の情報連携の仕組みをしっかり作り上げたうえで、請求業務を一元化できるシステムを導入しておくと安心です。

システムを導入することで、売上計上や売掛金の管理や消込を自動化することができますよ。

まとめ

  • 掛売りとは、あらかじめ取り決めした支払い条件に基づき、サービスや商品の代金を後払いする仕組みのこと
  • 売掛は掛売り取引で生じた取引金額をさす
  • 掛売りは取引の大幅な効率化を図ることができる
  • 掛売りはビジネスのチャンスを拡げることができる
  • 掛売りは双方の信用で成り立っている取引であるため、貸倒れなどのリスクがある
  • 貸倒れのリスクを抑えるためには、与信管理が大切
  • 掛売りは大幅な取引の効率化を図ることができるが、その分請求業務の負担が増える
  • 掛売りの課題解決のためには、社内の仕組みづくりが必須である
  • 社内の仕組みづくりを強化するにはシステム導入がおすすめ

掛売りは企業の経済活動にとってなくてはならない決済手段です。

与信管理や社内の請求インフラを整えて、掛売りのメリットを最大限に受けた取引を継続していきたいものです。

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ソフト「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

サブスクビジネスの請求書発行業務80%削減する方法とは?

サブスクリプション(継続収益)の請求業務を自動化

サブスクリプション(継続収益)の請求業務を自動化
KIMERAガイドブック

「KIMERA」の詳しい内容がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションの請求業務の課題と解決方法
  • 理想的な請求業務フロー
  • KIMERAの主な機能
  • 請求業務を80%削減した導入事例
  • 導入までの流れ

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード
サブスクビジネス(継続収益)の請求業務を自動化。
KIMERAは無料で使えるサブスクビジネス向け請求管理ソフトです。