入金明細のCSVインポートで全銀データ以外のデータもインポートできるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、入金明細のCSVインポートにて、他の会計ソフトやシステムからエクスポートしたデータ等にも対応いたしました。

これまでの入金明細のCSVインポート機能では全銀データにのみ対応しておりましたが、今回のリリースによって、幅広いデータに対応して入金明細をインポートできるようになりました。
インポートしたいCSVファイルの「データの見出し行数」と「データの見出しが記載されている行」を設定し、取引日、口座名、入金額の行をそれぞれ紐付けることで、元々ご利用されている会計ソフトやシステムなどからエクスポートした入金明細データをKIMERAでスムーズに読み込むことができるようになります。

ご利用方法

  1. サイドブロックから「入金」のページを開きます。
  2. 入金一覧ページの右上の「明細をインポート」ボタンをクリックすると入金明細CSVインポート設定画面が開きます。
  3. 「振込先口座名」から入金された振込先口座を選択します。
  4. 「CSVフォーマット」から「その他 (インポートするCSVデータ列を設定する)」を選択します。
  1. 「CSVヘッダ行数」で見出しやタイトルなどのデータ以外の内容が含まれている行数を選択します。
  2. 「CSVフィールド名が記載されている行番号」でデータの見出しが記載されている行を選択します。
  3. 「ファイル」にインポートしたいCSVファイルを添付します。
  4. 「次へ」ボタンをクリックすることで入金明細CSVインポートのフィールドマッピング画面が開きます。
  5. 「CSV ヘッダー」の選択項目に(6)「CSVフィールド名が記載されている行番号」の項目名が表示されますので、それぞれKIMERAのフィールドと紐付けていきます。
  1. 右下の「このフィールドマッピング設定を記憶する」にチェックを入れることでこの設定は次回読み込み時も引き継がれます。
  2. 「次へ」ボタンをクリックすることで入金明細CSVインポートのプレビュー画面が開きます。
  3. 読み込む内容がプレビュー表示されますので表示内容に問題がなければ「インポート」ボタンをクリックすることで入金明細が追加されます。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード