顧客の複数メールアドレスに請求書をメール送信できるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、顧客の部署毎に複数のメールアドレスを登録することで、それらのメールアドレスに請求書を一括でメール送信できるようになりました。

顧客の複数メールアドレスに請求書をメール送信できるようになりました

請求書送付先に担当者が複数いる場合に、請求書を送信したい担当者のメールアドレスをすべて登録しておくことで、毎回担当者のメールアドレスの確認をしたり、送信のたびに担当者のメールアドレスを追加する必要なく、ボタンひとつでメール送信できます。

ご利用方法

顧客一覧から登録する場合

1. 顧客一覧を表示します。

2. メールアドレスを登録したい顧客の名前から顧客詳細を開きます。

3. 部門リストの右端の︙を押して編集画面を開きます。

4. 担当者のメールアドレス欄にメールアドレスを1行ずつ、またはカンマ区切りで入力して保存します。

4. 担当者のメールアドレス欄にメールアドレスを1行ずつ、またはカンマ区切りで入力して保存します。

5. 請求書詳細画面で「メール送信」を押すと登録したすべてのメールアドレスに請求書が送信されます。

請求書から顧客のメールアドレスを登録する場合

1. 請求書詳細画面を開き編集ボタンを押します。

2. 顧客情報の右側の鉛筆アイコンを押します。

3. メールアドレス欄にメールアドレスを1行ずつ、またはカンマ区切りで入力します。

4. 開いている請求書にのみ適用したい場合は「今回の請求書のみ修正する」にチェックを、顧客のマスター情報も同時に更新したい場合は「顧客マスタも更新する」にチェックを入れて、保存します。

開いている請求書にのみ適用したい場合は「今回の請求書のみ修正する」にチェックを、顧客のマスター情報も同時に更新したい場合は「顧客マスタも更新する」にチェックを入れて、保存します。

5. 請求書詳細画面で「メール送信」を押すと登録したすべてのメールアドレスに請求書が送信されます。

詳しい資料をご覧いただけます

KIMERAのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード