顧客コード・顧客部門コードを登録できるようになりました。

サブスクリプション請求管理ソフトのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、顧客機能に顧客コードと、顧客部門コードを登録できる機能をリリースしました。

顧客コード・顧客部門コードを登録できるようになりました。

今回のリリースにより、KIMERA内で顧客コード、顧客部門コードによる顧客の管理ができるようになりました。

これまで「顧客コード」として顧客部門単位で設定可能だった項目の名称を、実際の機能に合わせて「顧客部門コード」と変更いたしました。

また、新たに顧客単位で設定可能な「顧客コード」機能を追加いたしました。

顧客コードは、顧客ごとにユニークなIDを登録することができます。顧客部門コード(旧:顧客コード)はこれまで通り、部署ごとにユニークIDを登録することができます。

既存顧客への顧客コードの追加方法

  1. 顧客一覧を表示します。
  2. 顧客コードを登録したい顧客の名前から顧客詳細を開きます。
  3. 顧客名の右端の編集ボタンを押して編集画面を開きます。
  4. 顧客コードの入力欄に顧客コードを半角英数で入力します。
  5. 通常通り保存することで紐付けられます。

既存顧客への顧客部門コード(旧顧客コード)の追加方法

  1. 顧客一覧を表示します。
  2. 顧客部門コードを登録したい顧客の名前から顧客詳細を開きます。
  3. 部門リストの右端の︙を押して編集画面を開きます。
  4. 顧客部門コードの入力欄に顧客部門コードを半角英数で入力します。
  5. 通常通り保存することで紐付けられます。

また、見積書、請求書、定期請求、入金、売上、顧客、各一覧画面の顧客選択ボックスに追加した顧客コードを入力することで絞り込むことができます。

各種CSVインポート (顧客、請求書、定期請求) のマッピング設定につきまして、「旧:顧客コード」に関するマッピング設定は、本リリース後は「顧客部門コード」のマッピング設定に自動で移行されます

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ソフト「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

サブスクリプション(継続課金)の請求業務を自動化
KIMERAガイドブック

「KIMERA」の詳しい内容がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションの請求業務の課題
  • 理想的な請求業務フロー
  • KIMERAの主な機能
  • 請求業務を80%削減した導入事例
  • 導入までの流れ

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行業務を80%削減。

サブスクリプション(継続課金)の請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。

無料資料ダウンロード
close