サブスクリプションビジネスを推進する定期請求システムとは?

ここ数年、サブスクリプションビジネスが大きな広がりを見せています。最も顕著なのが映画産業や音楽産業ですが、たとえば英会話スクールなど他業種でも続々とサブスクリプションビジネスは広がっています。

ユーザーにとっては低コストでかつ手軽にサービスの提供を受けることができるため、サブスクリプションの人気は急上昇しました。サブスクリプションビジネスを提供する企業側も新しい収益機会を取り込める点はメリットですが、他方で必然的につきまとう事務的な負担にも目を向ける必要があります。この点を考えてみたいと思います。

サブスクリプションビジネスのメリットと苦労は表裏一体

サブスクリプションビジネスでは、ユーザーは一定期間にわたり定額の利用料を支払えば、あらかじめ定められた範囲内のサービスを無制限に享受することができます。例えば音楽でいえば定額で聴き放題の配信サービスが人気を集めており、若い世代では「他の聴き方は知らない」という人もいるようです。

これをサービスを提供する側から見ると、人気が出たまではよいものの、顧客が大幅に増え、高頻度(月ごと)の利用料を請求する必要が生じます。また提供するサービスも通常はグレード分けされていたり、顧客の要望等に応じて個別のカスタマイズが行われることも多くあり、単一のものではないことから、「請求の件数増加と複雑化」に頭を悩ますことになります。「大量」で「多様」かつ「高頻度」の請求書の作成と送付を行う必要があり、この点は、商品の販売ごとに個別に対価を受け取る従来型のビジネスよりも苦労する点ではないでしょうか。

いくら毎月のサービスが人気を呼んでも、売上金を漏れなく回収できなければ意味がありません。黒字倒産とまではいかないにしても、「勘定合って銭足らず」という事態は避けたいものです。請求を適切に行うことは、キャッシュフローを稼得するにあたっての最後の重要ポイントです。サブスクリプションビジネスの最適化のためには、大量の定期的な請求を滞りなくおこなうことが肝要なのです。

請求の「量」と「質」を同時に実現するにはどうするか?

サブスクリプションビジネスの環境で、まさか文具店で買ってきた複写式の請求書をボールペンで作成するわけにはいきませんよね?またエクセルなどでも請求書作成は可能ですが、数万件、数十万件におよぶ請求書を出力できるでしょうか。ビジネス規模の拡大に伴い、手作業で大量の請求をさばくことには限界があります。

そこで考えられるのが、自動化です。請求の量的な課題に対応するためには、定期的な請求を自動化してくれるような外部サービスに頼ることは、有効なソリューションとなります。

さらにもう一つ、請求に欠かせないのは「質」の側面、つまり「正確性」です。既述のとおりサブスクリプションビジネスといっても契約ごとに条件がカスタマイズされる場合は多く、請求金額や契約期間等はさまざまです。金額も時期もエラーなく請求を行うとなると、自動化されたシステムの力を借りるのが近道ではないでしょうか。顧客ごと・契約ごとに異なる条件が事前に登録され、これに応じて契約通りの請求を行ってくれるサービスを利用することで、会社内の事務負担は大きく軽減されます。

全く同質的な請求を大量に作成するだけなら単純ですが、請求金額も契約期間も正確に設定したうえで行うとなると、内製による作業では限界があるかもしれません。

請求の自動化というソリューション

サブスクリプションビジネスは、スマートフォンの普及と相まって今後は標準的なビジネス形態になると予想されます。請求は毎月必要となりますが、それを正確に行うことの重要性は従来の商品販売型ビジネスの時代と変わりません。

大量かつ定期的な請求を、個別の契約ごとの条件に沿って正確に計算して行うためには、自動化が有効なソリューションとなります。

サブスクリプションビジネスを本気で収益の柱にするなら、知見があり、システムの力で正確に自動請求してくれるような外部パートナーの利用を検討してもよいのではないでしょうか。

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ソフト「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

サブスクリプション(継続課金)の請求業務を自動化
KIMERAガイドブック

「KIMERA」の詳しい内容がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションの請求業務の課題
  • 理想的な請求業務フロー
  • KIMERAの主な機能
  • 請求業務を80%削減した導入事例
  • 導入までの流れ

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード
サブスクリプションの請求書発行自動化 無料資料ダウンロード
close