顧客情報をCSVインポートで一括追加・更新できるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、顧客ページにてCSVデータをインポートすることで、一括追加、一括更新できる機能をリリースしました。

今回のCSVインポート機能で、外部のシステムと顧客情報を共有したい場合に、顧客コードで連携し一括で更新することができるようになりました。

また、初回利用時もCSVインポート機能を利用することで、顧客情報を一括で追加することができます。

ご利用方法

  1. サイドブロックから「顧客」のページを開きます。
  2. 顧客一覧ページの右上の「CSVで一括追加・更新」ボタンをクリックすると顧客CSVインポートの1.CSVをアップロード画面が開きます。
  3. 「ファイル」にインポートしたいCSVファイルを添付します。
  4. 「キーとなる項目」で「顧客名」か「顧客コード」のいずれかを選択します。「顧客コード」をキーとした場合は「顧客コード」の入力が必須となります。
  1. 「次へ」ボタンをクリックすることで顧客CSVインポートの2. フィールドマッピング画面が開きます。
  2. 「CSV ヘッダー」の選択項目に読み込んだCSVの見出し・項目名が表示されますので、それぞれKIMERAのフィールドと紐付けていきます。
  3. 右下の「このフィールドマッピング設定を記憶する」にチェックを入れることでこの設定は次回読み込み時も引き継がれます。
  4. 「次へ」ボタンをクリックすることで顧客CSVインポートの3. CSVによる顧客の一括追加・更新の確認画面が開きます。
  5. 追加・更新される顧客情報の内容がプレビュー表示されますので表示内容に問題がなければ「インポート」ボタンをクリックすることで顧客情報が追加・更新されます。

※ キーに顧客名を設定した場合、顧客名と部門情報の組み合わせ(顧客部署名+顧客部署住所+顧客担当者役職+顧客担当者名)が完全に一致しないかぎり同名の顧客であっても新規顧客として追加されます。
※ キーに顧客コードを設定した場合、顧客コードが存在しない場合はすべて新規顧客として追加されます。

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ソフト「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

サブスクリプション(継続課金)の請求業務を自動化
KIMERAガイドブック

「KIMERA」の詳しい内容がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションの請求業務の課題
  • 理想的な請求業務フロー
  • KIMERAの主な機能
  • 請求業務を80%削減した導入事例
  • 導入までの流れ

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード
無料資料ダウンロード
close