クラウド技術でサブスクリプションの請求業務の管理が進化する5つの理由

本記事ではクラウド技術によるサプライチェーン・マネジメントに注目して解説していますが、幅広い職種に活かせる内容で、特にクラウドベースのソフトウェアによるメリットは、サブスクリプションビジネスの請求業務の管理や自動化にも同様にいえるでしょう。(訳者追記)

クラウド技術の進歩は、サプライチェーン・マネジメントに大きな改善をもたらしました。幅広いソリューションと開発技術を提供する最新のクラウド・ソフトウェアは、これまで可能だと考えられていた範囲をはるかに超えています。クラウド・コンピューティング技術は、現代ビジネスの日常的な要素であり、私たちはその可能性を最大限に活用する必要があります。特にパンデミック後の世界では、クラウド・ソフトウェアの新たな用途が発見され続けています。

そのためには、サプライチェーン・マネジメントにおいてクラウド技術のメリットがどこにあるのかを評価することが重要です。サプライチェーン・マネジメントのためにクラウドベースのソフトウェアを利用することには、多くのメリットがあります。この記事では、分析、接続性、拡張性、コスト削減、および統合の5つのメリットについて考えてみたいと思います。

高度な分析による洞察

長時間を費やしたデータ分析に別れを告げましょう。クラウド技術は、データ入力担当者やデータアナリストの必要性を排除し、効率的で理解しやすい分析を提供します。これにより、分析情報にすばやくアクセスでき、人間のデータ分析に伴うコストを削減できます。これにより、注文管理システムとマーケティングの分野において大きなメリットを得ることが可能です。

ビジネスの注文管理システム(OMS)は、洞察力に富んだ分析の恩恵を特に受けることのできる分野です。合理化されたOMSを維持することは様々な面でメリットがありますが、その状態を維持するには、分析が不可欠です。

すべての注文を追跡して監視することで、パフォーマンスの高い製品と低い製品についての洞察を得られます。多種多様な製品を提供している場合、成功、利益率、および潜在的な損失がどこにあるのかを知ることは非常に重要です。分析は在庫の監視と管理に役立つだけでなく、販売にも役立ちます。

マーケティングも分析に大きく依存しています。アナリティクスは、年齢、場所、性別などの顧客に関する情報を提供し、どの製品がどのグループに人気かを示します。これらの情報を利用して、自社の強みと弱みがどこにあるのかを詳細かつ徹底的にマップ化することができます。

さらに、分析はソーシャルメディアマーケティングとSEOコンテンツの作成においても重要な役割を果たします。分析の洞察は、マーケティングにおける最大の革命です。これらの洞察を使用してターゲットを絞った広告を作成することにより、ビジネスへ利用できます。高度な分析の洞察を学びビジネスへと活かしましょう!

接続性

2020年の世界はすべてコネクティビティ(接続姓)を重視しており、サプライチェーン・マネジメントでも例外ではありません。ビジネスの中には非常に多くの可動部分があり、それぞれに別のシステムが存在するため、クラウド技術ではそれらを統合するためのソリューションを提供しています。

誰もが必要な時に必要な情報やリソースにアクセスできるようにすることで、クラウドシステムは、これまで時間がかかって面倒だったプロセスを合理化するのに役立ちます。クラウドベースのデジタル資産管理は、リモートワークに大きく貢献しています。さらに、接続性の向上は、納期の改善や顧客との迅速なコミュニケーションに繋がります。

2020年のリモート革命が続く中、クラウド技術の必要性も大幅に拡大しています。94%の企業がクラウドサービスを利用しており、クラウドがワークライフに欠かせないことは明らかです。クラウド技術がどこからでも、ほぼすべてのデバイスから情報へのアクセスを可能にすることで、世界中の人々が自宅で仕事をすることを可能にしています。

Covid-19のために最近リモートになった人も、長期的にリモートで仕事をしている人も、クラウドソフトウェアを使用することで、オフィスから離れて仕事をすることが可能です。米国の労働力の42%が在宅勤務をしている今、必要な時に必要なものにアクセスできることで、従業員は自分の能力を最大限に発揮して仕事を続けることができます。

顧客にワールドクラスのサービスを提供することは簡単なことではありません。消費者は、これまで以上に迅速な納期や配送、より効率的なカスタマーサービスのサポート、欲しい製品への即時アクセスを期待しています。

顧客が企業から切り捨てられたと感じると、製品を購入する可能性ははるかに低くなります。クラウドシステムは、コミュニケーションを助けることで、ビジネスと顧客の間の接続性を高めることができます。Brightpearl社の調査によると、70%以上の顧客は、顧客の70%以上が、ある場所ですぐに入手できない場合、他の場所でアイテムを検索することがわかりました。このことは、製品を準備して買い手を待つことがいかに重要であるかを示しています。

クラウド技術により接続性を向上させ、顧客体験を向上させることで、貴社のビジネスを競合他社よりも優位に立たせることができます。

スケーラビリティ

ビジネスを成功させるためには、時代の変化に合わせて確実に成長することが重要です。成長に合わせてシステムを最新の状態に保つことを心配する必要はもうありません。なぜならクラウドがそれを可能にするからです。長期的に利用する予定のソフトウェアやシステムを導入する際には、余分な作業を作らないことが重要です。

手動で情報やソフトウェアを更新しなければならないのは時間がかかり、より差し迫った問題を損なう可能性があります。最初から簡単に拡張可能なクラウドソフトウェアに投資することで、ビジネスの成長に合わせた追跡調査が容易になり、管理しやすくなります。

クラウド・ソフトウェアを利用することで、ビジネスが軌道に乗ったときの移行を容易にする方法はたくさんあります。サプライチェーン・マネージャーを変動の激しい市場から守ることで、急速な成長を実現できます。サプライチェーン・マネージャーは、長い注文処理時間の代わりに、サービスや商品の可用性を瞬時に変更することができます。クラウド・ソフトウェアは、変更管理の追跡にも役立ちます。

この迅速な応答時間は、即座に満足する世界が発展するにつれて重要になります。製品がそこにない場合、顧客は他の場所を探します。クラウドシステムを使用して顧客離れから身を守り、ビジネスが成長しても、製品が必要な場所にあることを確認します。

内部システムを支援するだけでなく、購入後の調査の実装などの手法を使用すると、カスタマーエクスペリエンスを追跡するのに役立ちます。拡張中に顧客を失うのではなく、期待に応えることで新しい顧客を維持し、引き付けることができるため、さらなる成長が促進されます。

コスト削減

定型業務や管理業務をクラウドに委託することは、効率化とコスト削減の両面から理にかなっています。入力、分析、セキュリティなど、時間のかかる単純なデータ作業を自動化することで、リソースの消費を大幅に削減することができます。ビジネスの運用コストを削減することで、成長と改善に大きな投資を行うことができます。

クラウドソフトウェアがコスト削減を支援する方法の一例として、在庫管理が挙げられます。なぜ在庫管理が重要なのでしょうか?不適切に管理された在庫は間違いなくリソースの無駄遣いの1つです。ビジネスが成長するにつれ、管理の行き届いていない在庫は、在庫過多やリソースの無駄が発生し、利益率が低下していきます。

対照的に、適切に管理された在庫は、ストレスや無駄な時間を取り除くだけでなく、企業の成長と成功を支援します。クラウド技術を在庫管理に活用することで、貴重なリソースの使用を減らし、重要な作業に時間を割くことができます。

在庫管理システムを効率化する方法を探している場合、クラウド技術は最初に検討すべきソリューションです。オムニチャネル小売を活用している場合、自動化されたクラウドシステムは、さまざまなチャネル内での売上を探る時間を節約するのに役立ちます。ナビゲートしやすいようにデータセットにまとめることができるからです。

さらに、製品の需要の増加に対応しながら、過剰在庫による無駄なコスト削減を回避することができます。

統合

この記事で最後に紹介するのは、統合はクラウド技術の最も有用な機能の1つです。これまでに説明したように、クラウドソフトウェアを活用する方法は数多くありますが、そのほとんどがある程度の統合に依存しています。顧客体験から社内プロセスに至るまで、ビジネスの統合された側面は、魅力的なデータ分析を提供するだけでなく、次のステップに進むべき場所を見極めるのにも役立ちます。

サプライチェーン・マネジメントの中には、統合の恩恵を受ける分野が数多くあります。売上や在庫の追跡であれ、顧客満足度や経験の評価であれ。いずれの場合も、異なるシステム間のデータセットを見ることができることは非常に便利です。

サプライチェーン内には非常に多くの可動部分があるため、手動で一貫性を保つことは困難です。クラウド・ソフトウェアを介した電子データ交換(EDI)を活用することで、請求書から発注書に至るまで、あらゆるものを標準化および自動化し、知る必要な人と簡単に共有することができます。

特に便利なのは、顧客体験をあらゆる作業に統合できることです。顧客からの苦情に迅速に対応できるようになるには、トラブルシューティングと修理のためのシステムに関する透明性の高い知識が必要です。例えば、エスカレーション管理をサプライチェーンに統合することで、円滑な業務のために解決が必要な問題に光を当てることができます。

経営陣内の人が質問や困難に簡単に答えることができれば、顧客は満足していると感じ、あなたのビジネスは問題を早期に特定することができます。より良いアイテムデータで、顧客が期待する体験を創造しましょう。クラウド技術の中核をなすのは統合です。

結論

クラウド技術によるサプライチェーン・マネジメントの進化は、完全にはほど遠いものです。テクノロジーが向上し続けるにつれて、ビジネスの世界ではより実用的なアプリケーションが見られるようになるでしょう。

クラウド技術がどのようにビジネスを前進させるかを検討する際には、分析と統合、コスト削減、スケーラビリティのメリットを忘れないでください。ビジネスに最適なクラウド・ソフトウェア・オプションの市場を探り、クラウドがビジネスの次のステップへの道を切り開くためにどのように役立つかを確認しましょう。

サブスクリプションビジネスの基本 未来の売上を予測するために

サブスクリプションビジネスの基本
未来の売上を予測するために

経理担当者のために、サブスクリプションビジネスの会計処理の基本がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションビジネスとは
  • サブスクリプションビジネスの損益計算書
  • LTV(顧客生涯価値)を最大化しよう
  • 未来の売上を予測するために

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ツール「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード