財務会計ソフトを最大限に活用する方法

21世紀前半に金融ソフトウェアの人気が急上昇したことを受けて、大小を問わず多くの企業が、面倒な財務プロセスの自動化が企業の効率化にもたらすメリットを認識しました。

しかし、財務会計ソフトの普及は、その仕事がなくなることを意味するものではありません。多くの企業が飛躍し、財務会計ソフトに投資しましたが、その能力を最大限には活用しきれていません。 つまり、彼らは自分たちの生活をはるかに楽にする余地がある重要な特徴や機能を見逃しています。

財務会計ソフトを利用してもその機能を使いこなせない理由

最高の財務会計ソフトは、ユーザーの皆様に、会計機能の効率性を高めるための様々な機能を提供しています。そのうちのほんの一部をご紹介します。

  • 請求や支払い処理、請求書作成などの買掛金や売掛金の処理
  • 前向きな財務計画とP&L活動を含む予算と予測
  • 従業員の経費精算、経費配分、報告を含む経費管理
  • 監査とキャッシュフロー(規制報告書、ポリシーの遵守、キャッシュフロー管理を含む

企業が財務システムを購入すると、最初は上記の基本的な機能に夢中になりがちです。そして多くの場合、さらに深く掘り下げてパフォーマンスを向上させる可能性のある高度な機能を見極めることを怠ってしまいます。

財務会計ソフトのプロバイダーと連携して、作業方法をさらに向上できる可能性のある機能が不足していないかどうかを確認してください。ほとんどのシステムに搭載されているレポートの種類を見直して、既存の業務プロセスの改善点を発見することは、ビジネスを創造的に推進するための素晴らしい方法です。

財務会計ソフト導入の課題

財務会計ソフトを使用することには多くのメリットがありますが、最初のセットアップにはいくつかの課題があることを認識しておくことが重要です。この準備をすることで、新しいシステムを最大限に活用することができます。

まず、既存の財務プロセスを事前に精査する時間を取ることが重要です。これは時間のかかる作業でしょう。しかし、そうすることで新しい財務会計ソフトに既存の財務プロセスをマッピングすることが簡単になり、必然的に重複、閉塞、障壁を拾い上げ、最終的な業務フローをよりスムーズに、より効果的にすることができるようになります。

もう一つの課題は、新しいシステムのメリットを他の関係者に理解してもらうことです。多くの人にとって、慣れ親しんだ既存の業務フローは快適なプロセスであるため、変更に対する抵抗があるかもしれません。その場合、財務チームがシステムの設計と実装に貢献できるように、変更に関与することを心がける必要があります。当然ながら、その一環として、すべてのユーザーが自信を持ってシステムを使用できるように、また、使用の初期段階で発生する問題を最小限に抑えることができるように、システムを利用するすべてのユーザーのためのしっかりとしたトレーニング計画を立てるべきです。

自動化が業務をいかに楽にするか

財務プロセス全体に自動化を実装することの多くのメリットを見落とさないようにしましょう。結局のところ、時代遅れで面倒なスプレッドシート、融通の利かないデータベース、または複雑な手動レポートを処理する従来の方法に戻ることは誰も望んでいません。ここでは、財務会計ソフトに期待できる主なメリットをいくつかご紹介します。

データエラーや不正確さの削減

ヒューマンエラーが、財務データの矛盾やエラーの大きな原因となることは避けられません。財務会計ソフトは、自動化されたフォーム、オーダーメイドのワークフロー、明確なデータ権限を提供することで、このような問題が業務に重大な問題を引き起こす可能性を減らすことができます。

コスト削減

財務会計ソフトを使用する主な目的の一つは、効率性を向上させてコストを削減し、収益にプラスの影響を与えることにあります。自動化されたワークフローとタスクは、従業員の手作業を大幅に減らし、スタッフの人件費を削減し、財務チームを解放して、より付加価値の高い活動に取り組むことができ、ビジネスの成功に向けてより積極的に貢献することができます。

データ処理速度の向上

財務会計ソフトは、チームが効率的にタスクを処理できるように、無関係なタスクを削除したり、合理化したり、反復的な作業や手作業を自動化したり、いくつかのタスクを同時に実行したりするのに役立ちます。

財務会計ソフトを次のレベルへ

財務会計ソフトを最大限に活用するためには、プロセスやワークフローを継続的に分析し、システムがより効率的な回避策を提供していないかどうかを確認することが良い習慣となります。ほとんどのシステムに搭載されているレポート機能は貴重なツールであり、財務部門のあらゆる分野のパフォーマンスの強みと弱みを特定し、生産性を向上させるための積極的な行動をとるのに役立ちます。

サブスクリプションビジネスの基本 未来の売上を予測するために

サブスクリプションビジネスの基本
未来の売上を予測するために

経理担当者のために、サブスクリプションビジネスの会計処理の基本がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションビジネスとは
  • サブスクリプションビジネスの損益計算書
  • LTV(顧客生涯価値)を最大化しよう
  • 未来の売上を予測するために

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ツール「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード