サブスクリプションビジネスでも重要なキャッシュ・ランウェイを構築する3つの方法

キャッシュ・ランウェイは、現金がなくなる前に企業が損失を出して運営できるまでの時間です。たとえばあなたのビジネスが月に15,000ドルを使い果たしていて、銀行に75,000ドルがある場合、深刻な問題に直面するまでに5か月あります。

この記事では、あなたのビジネスのキャッシュランウェイを構築する方法について解説します。

ビジネスに十分なキャッシュ・ランウェイを持っていない場合、サービスを提供しようとしている市場を理解する前に、お金がなくなってしまうリスクにさらされています。たとえこの世に一つしかない素晴らしい製品を開発したとしても、それを販売するために残された現金がないとどうでしょうか。それはどんな起業家にとっても最悪の悪夢になることでしょう。

例えば、あまり収入のないビジネスがあり、彼らが毎月約5万ドルを使っているとします。銀行に50万ドルの資金があれば、彼らは10ヶ月のキャッシュ・ランウェイを持っています。

この10ヶ月の間に、スタートアップは、製品を市場に出して販売するだけでなく、バーンよりも高いキャッシュリザーブを維持しなければなりません。

CBInsightsによると、キャッシュ・ランウェイがなくなることは、スタートアップが失敗する理由として2番目に可能性の高い理由のようです。

キャッシュランウェイを構築することで、ビジネスが混乱しているときに、利用可能なすべてのリソースを割り当てることができます。

キャッシュ・ランウェイの計算方法とは?

あなたのビジネスのキャッシュ・ランウェイを延ばす方法を説明する前に、計算方法を紹介します。こちらがビジネスのキャッシュ・ランウェイを計算するための式です。

キャッシュ・ランウェイ = キャッシュ・バランス ÷ バーンレート

バーンレートとは?

バーンレートとは、企業がお金を失う率のことです。通常は月単位で表されます。例えば、会社が月間50,000ドルのバーンレートを持っている場合、それは会社が月間50,000ドルを失っていることを意味します。バーンレートは、スタートアップや中小企業のように赤字で営業している企業にとって重要な指標です。

バーンレートを計算するには?

バーンレートを計算するための計算式は非常に簡単で、キャッシュフロー計算書が手元にあれば簡単に計算することができます。

バーンレート=(開始残高 − 終了残高)÷月数

一定期間、あなたのビジネスの開始時の現金残高から終了時の現金残高を引いてください。次に、選択した期間の月数でその数を割ります。それが毎月のキャッシュバーンです。

例えば、200万ドルの現金で1年をスタートし、第1四半期を50万ドルで終えた場合、バーンレートは50万ドルになります。

つまり、50万ドルがビジネスのバーンレートということになり、現在あなたのビジネスは毎月約50万ドルを使っていることになります。このまま支出を続けていると、あなたのビジネスに投資するために残された現金は約4ヶ月分になります。

スタートアップや中小企業にとって、経済危機の時は「現金が王様」です。銀行にあるドルが多ければ多いほど、企業は収益が枯渇しても生き残れる可能性が高くなりますが、大企業と比較して中小企業が景気悪化のストレスに耐えられるかというと、そうではありません。

ベンチャーキャピタルの資金が逼迫したり、資金が不足したりすると、スタートアップや中小企業が最もストレスを感じることがあります。このような企業は、経済の不確実性の中で将来のチャンスを見いだせないため、将来の成長予測が見えてくるまでのランウェイが必要となるのです。

企業がキャッシュ・ランウェイを拡張するために検討できるオプションは多数あります。 ここでは、あなたのビジネスのキャッシュランウェイを構築する3つの方法をご紹介します。

キャッシュフローを一貫して監視しましょう

健全なキャッシュフローを維持することは、ビジネスを成功させるために不可欠です。そのため、ビジネスオーナーや戦略家は、ビジネスのキャッシュフローを改善する方法を模索しています。

あなたのビジネスが成長している間、企業のキャッシュ・コンバージョン・サイクルは、監視すべき最も重要な指標の一つであることをご存知でしたか?これは、費やした1ドルがあなたの銀行口座に戻ってくるのにかかる合計時間です。

スタートアップの創業者や事業主は、ビジネスのパフォーマンスを追跡するために利益を測定します。ビジネスの利益を計算することは不可欠ですが、キャッシュフローをモニタリングすることも重要です。これによりキャッシュバランスがどのようになるかを理解できるからです。

キャッシュフローとは、会社の銀行口座に送金されたり、銀行口座から送金されたりする合計金額のことです。そのため、一定期間で現金準備金がどれだけ増えたり減ったりするかを知ることができます。

Fast Payは、あなたのビジネスのキャッシュフローを計算するためのシンプルな計算式を提供しています。

キャッシュフロー=収入-支出

収入には、売上、投資、銀行融資、助成金などの資金調達を考慮する必要があります。支出は、スタッフの給与、運営費、税金やV.A.T.、ローンの返済などを考慮しなければなりません。

出費を抑えよう

スタートアップのキャッシュ・ランウェイを拡張する方法は次のとおりです。キャッシュフローを監視しながら、ビジネスのキャッシュ・ランウェイを構築するためにどこで経費を削減できるかを特定する必要があります。

出費を抑えるためにできることをいくつかご紹介します。

  • シェアオフィススペースを選ぶ - 賃貸オフィスの運用コストを節約して、コワーキングスペースで仕事をしましょう。これはあなたの費用を削減するのに役立ちます。
  • アウトソーシングを検討する - 特定のタスクをアウトソーシングすることを検討してください。フルタイムのリソースを持ち込む代わりに、オフショア開発者のチームを立ち上げて経費を削減しましょう。
  • ほとんどのタスクを自動化 - 手動でタスクを達成するために時間とリソースを費やす必要はありません。請求書発行や請求書発行などの面倒な作業を自動化し、ビジネスの成長に向けて全体の焦点をシフトさせます。
  • 実際に機能するものに投資する–マーケティングであれ販売であれ、投資を1か所に集中させすぎないでください。効果があったことが証明されているものに予算を限定しましょう。
  • 倹約の文化を作る - 賢明な支出をして、ビジネスに倹約の文化を育てましょう。限られた予算を最大限に活用するために、チームのモチベーションを高めましょう。
  • 定期的なコストレビューの開催 - 主要な経費を見直し、再交渉を試みる。コストレビューのプロセスにチームを参加させ、文化構築のための活動にしましょう。これらの費用には、運営費、税金や付加価値税、ローンの返済などが含まれます。

売掛金を管理しましょう

世界経済がパンデミックに見舞われている中、起業家はビジネスのキャッシュ・ランウェイをどうやって引き上げるかを悩んでいる姿が見られます。売掛金を管理することは、ビジネスのキャッシュ・ランウェイを構築する方法の一つです。

売掛金は、未払いの請求書を指します。それはあなたの顧客があなたから借りているお金です。顧客がこれらの請求書を決済するまでの時間は、その期間のキャッシュバーンに直接影響します。

例えば、請求書の支払期限を80日以内に設定したとします。この場合、翌月の経費を危険にさらさずに、同期間の運営資金を調達する必要があります。

支払いを早めるために押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

  • 顧客への請求書の送付を遅延させないようにしましょう。
  • 電子的またはクレジットカードによる自動支払いを設定して、クライアントが支払いを簡単に行えるようにしましょう。
  • 不正確な請求書や紛らわしい請求書は、支払いの遅延を引き起こすので、送信される請求書が正確でわかりやすいものであることを確認してください。
  • 支払い期限の5日前にリマインダーを送ったり、親しみやすい口調でフォローアップしましょう。
  • 支払いが完了したら、クライアントに感謝の気持ちを伝えましょう。

まとめ

あなたのビジネスが経済的な不安や資金不足に直面したときには、節約をするべきです。必要なコストを貯めて、成功への道を切り開くためには何が必要かを戦略的に考えましょう。まず、何が必要なのかを注意深く見てください。そして、目的を達成するために一生懸命努力しましょう。ここで、予測と予算編成の出番です。彼らはあなたのビジネスの存続のために非常に重要です。複数の売上予測と経費予算を作成して、さまざまなシナリオを探る必要があるでしょう。不況が短命の場合は、どのような費用を削減してキャッシュ・ランウェイを拡張する必要がありますか?不況が長引くのであれば、ビジネスを再構成し、異なるビジネスモデルを探る必要もあるかもしれません。

すべてを要約すると、次の方法でビジネスのキャッシュ・ランウェイを構築できます。

  • 事業のキャッシュフローを監視する
  • 経費を削減する
  • 売掛金を管理する
サブスクリプションビジネスの基本 未来の売上を予測するために

サブスクリプションビジネスの基本
未来の売上を予測するために

経理担当者のために、サブスクリプションビジネスの会計処理の基本がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションビジネスとは
  • サブスクリプションビジネスの損益計算書
  • LTV(顧客生涯価値)を最大化しよう
  • 未来の売上を予測するために

サブスクリプションの売上計上のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ツール「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード