請求書メール送付時のテンプレートに「請求書の件名・請求番号・請求年月」を差し込めるようになりました。

サブスクリプション請求自動化ツールのKIMERAをいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、請求書をメールで送付する際のメールのテンプレートで、「請求書の件名」に加えて、「請求番号」「請求年月」を差し込む指定をできるようになりました。

今回のリリースによって、請求書をメールで送付する際に、お客様に請求書の内容を件名と本文でお伝えできるようになりました。

「メールテンプレート設定」で指定の変数を設定の上、定期請求や請求書で「件名・請求番号・請求年月」をそれぞれ設定していただくことで、メール送付時に実際の請求書件名が記載されます。

ご利用方法

  1. 画面右上のアカウント名をクリックすると設定メニューが開きます。
  2. 設定メニューの「書類テンプレート設定」を選択します。
  3. 書類テンプレート設定画面の左メニューから「メールテンプレート設定」を選択します。
  4. 「件名」または「本文」入力欄に変数を入力します。
  5. 「編集する」をクリックすることで設定が反映されます。
  6. 請求書メール送付時に実際の請求書の件名が記載されます。

ご利用いただける変数

項目名変数表示例
請求書の件名#{billing_title}Webサーバー運用費用
請求番号#{billing_number}12345
請求年#{y}2020
請求月#{m}5

複数の請求書をおまとめメールで送信する際の埋め込み内容

複数の請求書をおまとめしてメール送信する際の埋め込み内容は、請求番号が最も小さい請求書の情報をもとに生成されます。

例:以下の3件の請求書をおまとめメール送信する場合、請求番号:12345の請求書の内容が埋め込まれます。


請求番号:12345
請求年月:2020/05
請求書の件名:Webサーバー運用費用

請求番号:12346
請求年月:2020/06
請求書の件名:コーポレートサイトドメイン更新費用

請求番号:12347
請求年月:2020/07
請求書の件名:Webサイトリニューアル
項目名表示例
請求書の件名Webサーバー運用費用 (その他2件の請求書)
請求番号12345 (その他2件の請求書)
請求年2020
請求月5
サブスクリプションビジネスの基本 未来の売上を予測するために

サブスクリプションビジネスの基本
未来の売上を予測するために

経理担当者のために、サブスクリプションビジネスの会計処理の基本がわかる資料をご用意しました。
  • サブスクリプションビジネスとは
  • サブスクリプションビジネスの損益計算書
  • LTV(顧客生涯価値)を最大化しよう
  • 未来の売上を予測するために

サブスクリプションの請求のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ツール「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード