MRRの予測値を正確に知るための売上管理とは

サブスクリプションビジネスにおいては、クライアントごとに見れば、毎月の売上金額が同額であるということも少なくありません。こういった場合には、ある程度先の月の売上に関しても正確な予測を立てることができるため、予測を活かし経営管理にしっかりと役立てていきたいものです。

この記事では、業務効率化・成長戦略推進ツールとして利用するクラウドRPAサービスのSaaS企業へのインタビューで見えてきた売上計上業務の問題点と、その問題点をシステムを用いてどのように改善していけるか、についてお届けいたします。

MRR(月間経常収益)の予測値を知りたい

今回インタビューさせていただいた企業は、売上に関して、まだクライアントが利用していない月の分の金額も含めて、年額を一度に前受しています。

このとき、前受した金額を入金時に前受金に計上しておき、12ヶ月に渡って前受金を取り崩して売上を計上するという仕訳を計上しています。

こういった状況で、ある月の実際の売上高が、全てのクライアントについて売上計上の仕訳を切り終わる前には、分かりづらいという問題点があります。

また、サブスクリプションビジネスに欠かせないMRR(月間経常収益)や売上予測など管理会計に関する情報をしっかりと利用できていないことに物足りなさを感じています。

この事態を改善し、全てのクライアントに関する売上計上の仕訳を切り終わる前に、当月の売上に関する正確な予測をしたいと考えていらっしゃいます。

現行の業務の流れ

サービス利用に関する課金は月額で行われます。しかし、クライアントからは利用前の月の分も含めて年額が一度にこちらの企業に払い込まれます。

サービスは定額で使い放題であるため、月々の売上はクライアントごとに同金額です。毎月売上高が同金額であることはサブスクリプションビジネスにおいてさまざまな分析を行いやすい状況なので、その点を経営管理に上手く活かしたいところです。

顧客管理には営業支援システムを利用しています。請求書については月間数十枚程度をメールで送信しています。

エクセルを使って、クライアントごとの払込金額と月次の売上金額に関する管理表を作成する

まずは、クライアントの名前と前受した金額を十二等分した金額を月ごとに計上している表をエクセルで作成するという手段があります。こうすることで、クライアントから入金があった時点で、12ヶ月先の分まで売上金額が予測できるようになります。特に追加で投資なども必要ないため、コスト的には助かる方法でもあります。

ただし、この方法はクライアントが多数である場合は管理表の作成が非常に大変で面倒であり時間がかかる上、作業量が多いとヒューマンエラーの原因にもなるという問題点があります。

前受金と契約期間から自動で分割計上するシステムを利用し、精度の高い売上予測を立てられるようにする

前述の改善案では、管理表の作成が大変であるという問題点があります。そのため、管理表作成の大変さも含めて解決するためには、前受金管理システムを用いる方法もあります。

この場合、前受金とサービスの利用期間の情報を与えると自動で月々の売上金額を算出し、指定したタイミングで、前受金を取り崩し、売上を計上する仕訳を自動で切るという流れにすると作業の煩雑さの問題は解決されます。

また、システムにて売上計上が自動で行われるため、作業量が多いことによるヒューマンエラーもなくすことができるという意味でも有用です。

この改善策を取ることで、精度の高い売上予測を立てられるようにすると、管理会計の面からも情報をしっかりと利用できるようになり、経営管理に非常に有用です。


サブスクリプションの前受金のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化するサブスクリプション請求管理ツール「KIMERA」を提供しています。
豊富な知見を活かし、お客様の業務フローに合ったシステムの連携方法をご提案します。
請求業務でお悩みのBtoB企業の方は、気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

サブスクリプションの請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード