サブスクリプションのMRRをリアルタイムに把握するためには

サブスクリプション事業において、重要な指標のひとつに、MRR(月間経常収益)があります。毎月決まって発生する売上(継続課金売上)を把握し、収益にどのように反映しているのかを分析することは、今後事業を成長させるには、重要な指標となってきます。

顧客の数が多くなればなるほど、こういった分析に関わる数字の管理には、スピードと正確さが求められるため、集計に手間がかかる場合、担当者にとっては負担になってしまいます。

この記事では、WebコンサルティングとWebマーケティングサービスを提供する企業のインタビューをもとに、毎月の売上管理の悩みや問題点と、改善案についてご紹介します。

請求・入金管理と売上管理が連携しておらず、MRRをリアルタイムに把握できない

今回インタビューした企業は、WebコンサルティングやWebマーケティングサービスなど、複数のサービスを提供する企業です。

サブスクリプション事業をおこなっており、主に3つのサービスを提供しています。この企業では次のような悩みをお持ちでした。

  • 請求・入金管理と、売上管理の紐付けがされていないため、毎月の数字がすぐに確認できない
  • MRRの売上予測を見たい

サブスクリプション事業をおこなっているため、毎月決まって発生している売上の数字は、リアルタイムで把握しておきたいと考えておられましたが、請求・入金管理と売上管理のシステムの連携がされていないため、すぐに確認するのが難しい現状がありました。

また、取引先によっては、一度一括で請求し、役務の提供に合わせて、取り崩して売上計上することもあり、複雑になっています。請求・入金管理と売上管理の連携は、より重要な課題となります。

現在の売上計上業務の流れ

この企業では、主に3つの管理システムを利用しています。案件の受注については案件管理システムを利用し、契約管理と請求管理については営業管理システムを、財務会計についてはクラウド型の会計ソフトを利用しています。

入金の消込は、営業管理システムの拡張ソフトウェアを活用し、請求と入金の紐づけがなされていますが、自動消込の機能は無いため、実際の入金額を銀行明細で確認しながら、請求データと照合し、エクセルで消込をおこなっています。

売上管理についても、エクセルを使用し、管理部門5人で、手動でおこなっています。

それぞれ、部門のシステムが個別に管理されているため、毎月のリアルな数字をすぐに集計するには、手間と時間がかかってしまいます。

では、こういった課題を解決するには、どのように改善していけばよいのでしょうか。

請求、入金、売上の管理システムを連携させて、作業効率を上げる

部門ごとに使用している管理システムを、連携させる仕組みやシステムの導入を検討してみましょう。

顧客情報や契約内容、請求データなど、各部門の情報を共有することにより、作業効率も上がります。また、入金の消込についても、顧客データを利用した紐づけができれば、自動消込等が可能になり、目視で銀行明細と照合する手間や時間も削減されます。

顧客が増えれば増えるほど、こういったシステムの連携は必要不可欠となっていきます。

継続売上か単発売上か、売上計上を項目別に自動集計させ、常にMRRを可視化する

これまで、エクセルで手動でおこなっていた売上の集計を、自動集計させる売上計上システムや仕組みを導入し、いつでもMRRが確認できるようにする必要があります。

例えば、毎月決まって発生する継続課金の売上なのか、従量課金による追加の売上や初期費用の売上なのかを、契約内容や請求データと連携させて、それぞれを分けて自動集計することで、項目別に月次推移など一覧で確認できるようになります。

MRRの数字を把握し、月次で比較できれば、売上予測を立てられるので、その後の対策も打ちやすくなるというメリットがあります。

サブスクリプション事業において、MRRをリアルタイムで把握することは、事業の成長率を図る、重要なポイントとなります。

最新記事

継続課金の請求業務を80%削減

サブスクリプションの請求書発行・入金消込・売上計上を自動化して、時間とコストを削減する具体的な解決策を記載した資料をダウンロードできます。
KIMERAの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード